• TOP
  • ヒト幹細胞 培養上清液 膣内・外陰部注射

ヒト幹細胞 培養上清液 膣内・外陰部注射 ヒト幹細胞 培養上清液 膣内・外陰部注射

ドクターメッセージ

婦人科 医師 福山千代子

閉経周期から閉経後の性交痛や外陰部の違和感など膣萎縮の様々なお悩みを患者様からお聞きしてきました。
以前から行っていた女性ホルモン剤の膣錠の挿入に加え、MET BEAUTY CLINICでは炭酸ガスフラクショナルレーザーを用いたモナリザタッチ、高密度焦点式超音波のウルトラヴェラ、高密度焦点式磁気のエムセラを組み合わせることに患者様から症状が改善したという嬉しいお声をたくさん頂く一方で、改善傾向が低いのが潤いでした。

潤滑剤の併用などもできますが、潤滑剤は使用のタイミングが難しいとの意見も多く、これを改善するために「ヒト幹細胞培養上清液を膣壁・外陰部に注射する」新しい治療を導入いたしました。

婦人科 医師 福山千代子

ヒト幹細胞培養上清液とは?

ヒト幹細胞培養上清液とは

ヒト幹細胞培養上清液とは、体内に存在する歯髄・臍帯・骨髄・脂肪など間葉系幹細胞と分類される幹細胞を培養し、その培養液から幹細胞を取り出して滅菌等の各種処理を行った液体(上澄み液)のことを言います。

上清液には幹細胞から放出された様々なサイトカインが含まれており、サイトカインには血管新生傷の修復効果、エラスチンやコラーゲンの産生効果があるため上清液を注射した部位は血流が良くなり、栄養機能が改善し、潤いのある膣壁・外陰部になります。

安全性に配慮された培養上清液

当院で使用する幹細胞培養上清液は他人の脂肪由来です。安全性に配慮した培養上清を使用しております。
無血清、フェノールレッド、防腐剤、抗菌剤の使用はしておりません。

※滅菌処理を行っているため現在わかっている感染症の心配はございませんが、未知のウイルス感染の可能性は100%否定できないため日赤の献血や骨髄バンクなどのドナー登録はできません。

幹細胞培養上清液治療は
様々な治療に使われています

  • 薄毛治療
  • アトピー性
    皮膚炎
  • 関節炎
  • シワ・たるみ
    治療

<このような方におすすめ>

  • 腟内が乾燥している方
  • 膣内の感覚が鈍くなったと感じる方
  • 性交痛がある方
  • 性交時に潤いが足りなく痛みを感じる方

施術方法

  1. 内診でお悩み部位や萎縮の度合い、萎縮以外の病気がないか確認します。
  2. 異常がなければ、麻酔クリームを塗布します。
  3. その後、ヒト幹細胞培養上清液を膣内または外陰部に注射します。
    膣内の場合には膣壁に上清液を注射、外陰部の場合には、水光注射の機器を使用することで、まんべんなく皮膚や粘膜に上清液を注入していきます。
    粘膜部位の潤いが回復し、大陰唇のシワやたるみなどの加齢性変化にも効果があります。

注意事項

  • ※ 施術後当日はシャワーのみで、翌日からご自宅での入浴は構いませんが、プールや温泉、性交渉は感染のリスクがあるため3日間はお控え下さい。
  • ※ 妊娠中の方やがんの治療中の患者様は施術を受けることができないため、ご注意ください。

施術メニュー

※料金はすべて税込となります。

  • ヒト幹細胞培養上清液
    膣内注射

    膣壁に上精液を注射して、血流を促進させて潤いを取り戻します。

    通常価格

    ¥50,600/1回

  • ヒト幹細胞培養上清液
    外陰部 水光注射

    外陰部に上精液を注射して、血流を促進させて潤いを取り戻します。

    通常価格

    ¥44,000/1回

お電話でのお問い合わせ
0120-776-123

営業時間 10:00〜19:00 年中無休(年末年始除く)

カウンセリング予約 お問い合わせ TEL